読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロックチェーン技術ブログ

ブロックチェーン技術専門企業、コンセンサス・ベイスの代表によるビットコインなど暗号通貨やブロックチェーン技術のブログ

HydraChainとは何か?

HydraChainが、2015-09-09にコードをリリースしました。

HydraChain/hydrachain

非常に興味深いプロジェクトなので、ご紹介します。

HydraChain とは?

どんなものかと簡単に言うと

  • Ethereum for Enterprises 表現している通り、企業向けEthereum
  • Ethereumの拡張: ビットコインにおけるOmni/Counterpartyのような拡張と考えると理解しやすいです。
  • HydraChainは、Pythonで書かれている
  • Permissioned Distributed Ledgers (いわゆるpermissioned-on-permissionlessと思われる)
  • プライベートか、コンソーシアムなチェーン
  • byzantine fault tolerant コンセンサス
  • Pythonコントラクトを書ける (Solidity、Serpentもサポート)
  • Ethereum Virtual Machineをバイパスして早いスマートコントラクトを実行できそう
  • Atomic Cross Chain Asset Transfer プロトコル: カスタム・プライベートチェーンが、他のチェーンとやり取りできる (EthereumやBitcoinネットワークのようなパブリックなネットワークでさえも)
  • brainbot technologiesとEthereumプロジェクトの合同開発の結果
  • MIT license

何に使うか?

前提知識

上記の説明は、HydraChainに書かれています。最先端のブロックチェーン業界では常識とされる言葉がいくつかありますが、日本ではまだ紹介されてないと思われるので、簡単に説明します。 ここ数ヶ月ブロックチェーン業界でかなり熱い分野なので、時間ある時に詳しく説明しようかと思います。

Permissioned/Permissonless

  • permissioned: 許可が必要なブロックチェーン、レジャー
  • permissionless: 許可が不要なブロックチェーン、レジャー
  • 例えば、BitcoinやEthereumは、マイナーもユーザも参加に許可がいらないので permissonless ブロックチェーン
  • Permissonedのブロックチェーンの場合、取引を承認する、ユーザが参加するのに許可が必要と、設定することが可能 (MultiChainなど)

permissioned-on-permissonless

文字通りですが、permissionlessなブロックチェーンの上のpermissionedなもの言います。 HydraChainの場合、Ethereumというpermissionlessなブロックチェーン上に、EthereumのContractでHydraChainというpermissionedなledgerを作ります。

プライベート/コンソーシアム/パブリック チェーン

Vitalikによるブロックチェーンの3つの分類です。

  • パブリック・ブロックチェーン: 誰でも読み書きや取引の送信ができる。コンセンサス・プロセスに参加できる
  • コンソーシアム・ブロックチェーン: 選ばれたノードによってコンセンサス・プロセスが決まる。(例えば、15の金融機関のうち、10の機関が必ず取引を承認するなど。)
  • 完全なプライベート・ブロックチェーン: 一つの組織にしかブロックチェーンへ書き込む許可がないもの。読む許可は、パブリックか、任意の人に制限されているもの。

  • 元記事: On Public and Private Blockchains - Ethereum Blog

Solidiy, Serpent

  • Ethereum上でスマートコントラクトを書くためのコンピュータ言語です。

BFT (byzantine fault tolerant)

この用語は、ブロックチェーン業界の用語ではなく、コンピュータ・サイエンスの一般的な用語で、昔から理論と実装があり、大規模なデータを扱う企業等で利用されています。 BFTを大雑把に説明すると、多数のコンピュータのネットワークがある場合に、一部のコンピュータが、故障等でネットワークに間違ったデータを送ってきても、正常に動作するための仕組みです。

どういう時に、Proof of Work, Proof of Stakeを使い、どういう時にBFTを使うのか?などコンセンサス・アルゴリズムの話も、時間がある時に書きたいと思います。

感想

非常にざっくりと説明しましたが、なんとなくわかりましたでしょうか?

最近は、世界的な金融機関が注目している permissioned chain/ledger ですが、この数ヶ月で本当に色々なアイディア、概念、言葉が出てきていて非常に興味深いです。逆に言うと、このような概念もすぐに廃れるかも知れません。 このような技術がうまくいくか、利用価値があるか、流行るかは置いておき、ブロックチェーン技術の新しい世界を切り開いているのは間違いないので、今後も注目しつつ、実験やテストをしていきたいと思います。